オランダの牡蠣の聖地・ゼーラント州のヤーセケは行く価値あり!(Zeeland/Yerseke)

オランダの牡蠣の聖地・ゼーラント州のヤーセケは行く価値あり!(Zeeland/Yerseke)

オランダの牡蠣の聖地ゼーラント州ヤーセケに行きました。

こちらで知り合った友人にお誘いいただきました。

コアなオランダ旅行には訪問する価値ありです!!

 

 

⒈ ゼーラント州のヤーセケ(Yerseke in Zeeland)

 

wikipediaより引用

 

ゼーラント州(Zeeland)は、オランダ南西部の州で”海の国”という意味です。州都はミデルブルフ。北東は南ホラント州、東は北ブラバント州。南はベルギーのオースト=フランデレン州・ウェスト=フランデレン州と境界を接っします。

この地域の水産養殖業や漁業で有名な漁師町です。特にムール貝、カキ、ペリウィンクル(タマキビ)、ロブスターなどが有名です。

標準的なオランダ語発音を片仮名で表記すると「ゼーラント」です。日本語表記には以下のようなものもあります。

  • ゼラント
  • ゼーランド
  • ジーランド
  • ジーラント

この州名は、南太平洋の島国であるニュージーランドの名前の由来となったそうです。

 

 

 

⒉ 牡蠣、ムール貝をDe Scheldeでいただく

 

 

ゼーラント州はヤーセケにあるDe Scheldeというレストランに行きました。

 こちらのお店は1945年創業で現在は3代目が引き継いでいるそうです。

所在地:Koningin Julianastraat 35 4401 CZ Yerseke
電 話:+31 113 571 307
営業時間:11:30〜21:00
定休日:水曜日

ホームページ

 

注文したもの。

・生ムール貝
・生牡蠣
・魚介の盛り合わせ(2人前/プレート)
・ホタテのチーズソース
・パンとフライドポテト

 

単刀直入に、どれも文句なしに美味しいです。是非オススメの店です。
(誘ってくれた友人に感謝します)

 

生ムール貝を初めて食べました。牡蠣のようにレモンをかけてツルッといただきます。臭みもなく、旨いの一言です。蒸したムー貝の美味しさは知っていますが、生でもこんなに美味しいとは驚きでした。

生牡蠣は、Zeeuwse Platte Oester(ゼーラントの平らな牡蠣)という種類だと思います。円形で平べったい殻が特徴的です。小ぶりな牡蠣です。すっきりとした淡白な味わいで抜群に美味しいです。追加注文してしまったくらいです。

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

生ムール貝

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

生牡蠣

[/wc_column][/wc_row]

 

魚介の盛り合わせはお店の方に勧められて注文しました。これも大当たりでした。1プレートが2人前とのことですが、3、4人前に思えるくらい十分な量です。内容は、蒸しムール貝、エビのガーリック焼き、ロブスター、焼き牡蠣、生のタマキビです。大人数向けです。

ホタテのチーズソースは、グラタン風のものです。このチーズソースがびっくりするほど旨いです。パンにもよく合います。ソースだけでも楽しめる一品です。

パンとポテトフライが付いてきます。パンと一緒に来るガーリックバターも絶品でした。フライドポテトも手を抜いていません。かなりクオリティーに高いフライドポテトです。

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

盛り合わせ

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

[/wc_column][/wc_row]

 

 

⒊ お土産牡蠣を買うならOESTERIJ

 

帰りに寄った牡蠣をお土産に買えるお店がOESTERIJです。

その場で飲食もできます。

こちらでは、

という3種類の牡蠣が購入できます。

もちろんムール貝や、蒸しムール貝用の野菜、ムール貝用ソース、ロブスター、ワインなども購入できます。
店のテラスからは、牡蠣のいけすが見れます。

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

[/wc_column][/wc_row]

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

[/wc_column][/wc_row]

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

[/wc_column][/wc_row]

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

[/wc_column][/wc_row]
所在地:Havendijk 12 Yerseke, Netherlands
営業時間:10:00〜18:00
ホームページ:http://www.oesterij.nl/en/about-us
フェイスブック:https://www.facebook.com/Oesterij

 

 

⒋ ホテルはGoesに取ると便利

 

ヤーセケ自体はザ・漁師町であり牡蠣のお店以外には特に何もありません。
なので、街も合わせて楽しみたい場合には近場のGoes(フース)という街に宿を取ると良いです。
カフェやバーもあるのでお茶をしたり、牡蠣を食べた後に飲み直したりもできます。

Goes(フース)からYerseke(ヤーセケ)まではタクシーで15分〜20分です。

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

 

[/wc_column][/wc_row]

 

 

今回は、Hotel Terminusというホテルに宿泊しました。
Goes駅の目の前にあり、街の中心地まで徒歩10分ほどです。
部屋もきれいで申し分ありませんでした。

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

Goes(フース駅)

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

ホテル

[/wc_column][/wc_row]

あまりオランダ=牡蠣というイメージがありませんでしたが、ここゼーラント州のヤーセケは正真正銘の牡蠣の聖地でありました。
オランダ旅行の1候補に加えてみても良いかもしれませんよ。

 

 

【今日のオランダ語】
ヤーセケは牡蠣の聖地です。
Yaseke is het Heilige Land van de oester.
(ヤーセケ イス ヘットゥ ヘイリーヘ ラント ファン ドゥ オースタァ)

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.