レダン島旅行記・出発から到着まで・レダン島への行き方徹底解説

レダン島旅行記・出発から到着まで・レダン島への行き方徹底解説

レダン島旅行を考えている方は必見!!

オランダ留学前に早めの夏休みという事で、コストを抑えたリゾート旅をするべく、マレーシアのレダン島へ行く事にした。

以外と知られていないレダン島。

ネット検索でも限られた情報しかない。

海の綺麗さはかなり評価が高く、それでいてマレーシアという土地柄か物価が安いという事でチョイスした。

宿泊ホテルはSARI PACIFICA Hotel-Resort-Spa です。

今回はその工程をなるべく詳細に記事にしようと思う。

 

⒈ 行き方

レダン島への行き方の概要は
成田 → クアラルンプール国際空港
クアラルンプール国際空港 → クアラトレガンヌ空港
クアラトレガンヌ空港 → 車でメランジェッティー(船着場)
メランジェッティー → ボートでレダン島
です。
以下、詳しく解説します。

⒉ 出発

今回の旅はエクペディアで申し込みをした。
フライトスケジュールは以下の通り。
東京 クアラルンプール 7 時間 15 分
NRT  10:30

ターミナル 2
KUL  16:45

ターミナル M
マレーシア航空  89
エコノミークラス
乗り継ぎ: 14 時間 40 分
クアラルンプール クアラトレンガヌ 0 時間 55 分
KUL  7:25

ターミナル M
TGG  8:20   (2016/6/8 に到着)
マレーシア航空  1326
エコノミークラス (N)

 

成田空港マレーシア航空チェックインカウンター
成田空港マレーシア航空チェックインカウンター

 

 

 ⒊  成田からクアラルンプール国際空港への機内

出発から2時間ほどで機内食が登場。

チキンの焼きライスとシーフードパスタ から選択可能。
我々はシーフードパスタをチョイスした。
内容はシーフードパスタ、ソーメン、 南蛮漬け、 パン、デザート。
アルコールも無料で飲めました。(ビールと 白ワインを頂きました)
image

image

 

映画も充実しており、映画 デッドプール、レレバント、ジュラシックパーク、バットマン、などなど。

到着の1時間前くらいに二回目軽食。
サンドイッチかオニギリから選べます。
image

image

⒋ クアラルンプール国際空港

7時間15分のフライトで、まずはクアラルンプール国際空港に到着。

空港はなかなか綺麗。
レベル1がブランド品やお土産店、レベル2が飲食店。

レストランでの食べ物は日本と同じくらいの価格。空港料金で高めに設定されていると思う。
お酒類は高い。ビールが32RM(960円)くらい。
飲食店はバーガーキング、ヌードル店、ピザ屋、日本料理屋、地元料理店、カフェ、スポーツバーなど色々ある。
我々はGrand mama’s(マレーシア料理店)で、夕飯。
ビール2杯、チキンのカレーと平たいチキン・シーフード焼きそば。

トータル140RM(4000円)位。

味はどちらも美味しい!
店員は皆んなのんびりって感じ。
携帯いじりながら仕事。ガツガツ働く感じはない。
食後は散歩したり、ネットしたりで時間つぶし。最後にスポーツバーでビール1杯、32RM(900円)。
クアラルンプール国際空港からクアラトレガンヌ空港のフライトは翌朝の7時25分発なので、この日は空港内のトランジット用ホテルを事前に予約しておいた。

⒌ サマサマホテルにチェックイン

ここで注意したいポイント!

チェックイン時にあずけた手荷物は成田からクアラトレンガヌ空港までダイレクトに 運ばれるため、クアラルンプール空港でピックアップする必要はない。

よってトランジットに時間があって宿泊をする場合には空港内のホテルを予約するべきです。

我々はSama Sama Express, KL International Airport Transit Hotel を予約しました。

こちらのホテルはトランジット用に特化したホテルなため、滞在の仕方が1泊、2泊という形態ではなく時間制です。
6時間滞在:約7000円
12時間滞在:約14000円

です。つまり、次に乗る飛行機の時間に合わせて時間を自分で決めてチェックインすることができます。
実際にホテルのレセプションで確認したが、好きな時間にチェックインして良い、滞在時間を延長したい場合は43RM(1200円)/時間とのことです。

因みに同系列のホテルがもう一つあるので混同しないように気をつけましょう。
予約を行ったagodaから届いたメールにも、

【アクセス】当宿泊施設は、クアラルンプール国際空港(KILA)C-5番ゲートへ隣接するサテライトビルに位置しています。乗り継ぎされるお客様は、税関および入国審査を通過する必要がありません。

KLIA内には同系列の宿泊施設が2つ所在しますのでご注意ください。

– サマサマ エクスプレス KL インターナショナル エアポート トランジットホテル:
KLIA C-5番ゲートに隣接のインターナショナルサテライトビル内。税関と入国審査を通過しないでください。

– サマサマホテル クアラルンプール インターナショナルエアポート:
税関・入国審査通過後のエリアに所在。KLIAに隣接。

KLIAとLCC(低コストキャリア)のターミナルは直結していません。KLIAへご到着/ご出発のお客様のみ当宿泊施設をご予約いただけますのでご注意ください。LCCターミナルまたは国内便からKLIAサテライトビルへは、国際便搭乗券を持ち、荷物検査を終えた方のみ入館することができます。

と記載されています。

我々は翌朝7時25分のフライトなので、翌朝5時にチェックアウトするために、
23時にサマサマホテルにチェックイン。

場所はわかりやすい。
クアラルンプール国際空港のC5ゲートのすぐ近くに入り口があります。
結構奥のほうに歩いていくので少し心配になりますが、ちゃんとあります。
image

image

中は綺麗で、ミネラルウォーターが2本付いてきます。
アメニティーは必要最低限です。
image

image

image

image

image

image

空港内のホテルのため、荷物のピックアップや入国をする必要がないためとても便利に利用できました。
乗り継ぎまでの時間がありすぎる場合には使用をお勧めします。

⒍ クアラルンプールからクアラトレンガヌ空港へ

クアラトレンガヌ行きはA6ゲートからでした。

A6ゲートへはターミナル間をつなぐ電車でpintu gateへ移動する必要があります。

電車と言っても一駅。
1分ほどで到着します。
電車は5分から長くても10分おきには来る印象でした。

img_1922

 

image

 

6時半にA6ゲート前で待機。
外は暗いまま。意外と日の出が遅いようです。
7時頃から徐々に明るくなりました。
55分間のフライトでクアラトレンガヌ空港に到着です。

 

⒎ クアラトレンガヌ空港からレダン島へ

自身で調べた事前情報では、船着場(ジェッティー)までのタクシーチケットを購入する必要があるとのことでした。

タクシーカウンターを探すと、メランジェティーまでタクシーで55RM、そこから船でレダン島までが55RM/人なので、片道一人82RM。

フムフムとやっていると、予想外にSARI PACIFICAの係員が声をかけてくれました。

ホテルの専用カウンターで予約名を確認し、専用のバンでジェティーまで送ってくれる料金と船代で片道一人80RMとのこと。

往復でお願いして、現金で320RMを支払います(ここはカードは不可でした)。
帰りの飛行機の時間も聞いてメモしてくれて、送迎の時間をアレンジしてくれます。

タクシーカウンターの料金表
タクシーカウンターの料金表
SARI PACIFICA専用カウンター
SARI PACIFICA専用カウンター
クアラトレンガヌ空港
クアラトレンガヌ空港
クアラトレンガヌ空港
クアラトレンガヌ空港

img_1929

 

 

それではいよいよレダン島へ向かいます!!

レダン島旅行記・レダン島上陸&1日目編