ハミルトン島・クオリアでのハネムーン旅行記・4日目・チョーキーズビーチとウィットサンデイ島

ハミルトン島・クオリアでのハネムーン旅行記・4日目・チョーキーズビーチとウィットサンデイ島

⒈ ロングパビリオンで朝食

本日はグレープフルーツとオレンジのジュースでスタートです。

img_7913
毎晩のおいしい夕食に少々胃の疲れを感じてか、朝食のメインを少しづつ軽くしていきました。

私は、モーニングサンドイッチを頼みました。
ブラウンのトーストにアボカドとトマト、チーズがのってバルサミコがかかっています。
重たくなくてとっても美味しかったです。

嫁殿はアスパラのソテーを注文。
こちらも、香ばしくてかなり良かったです。

モーニングサンドイッチ
モーニングサンドイッチ
アスパラ
アスパラ

 

⒉ 午前のアクティビティー

 

この日は、魚以外の生物にも会おうということで、ハミルトン島にある小さな動物園・ワイルドライフパークに行きました。

ワイルドライフパーク
ワイルドライフパーク

ワイルドライフパークは、ハミルトン島内で唯一コアラを抱っこできる場所です。
以前は、1日に3回ほど抱っこしての撮影の時間が設けられていたそうです。
ここ最近はコアラへのストレスを減らす為に朝8時半の1回のみになったそうです。
この撮影アクティビティーは、朝食付きなため我々は参加しませんでした。(その後、ケアンズで無事コアラとの写真を撮影しました。)

朝食付きの撮影アクティビティーが終了する10時頃をめがけて訪れました。

入場料を払うと、コインを渡されます。
そのコインをエントランスの機会に入れると入場が出来る仕組みです。

コイン
コイン
エントランス
エントランス

 

早速、コアラがいます。
のんびりユーカリの葉を食べています。こんなに間近でコアラを見たのは何年ぶりでしょう?
なんだか、やっぱり癒されます。

img_7924

 

 

img_7925

IMG_7934

IMG_7936

 

 

大きなワニもいました。

ワラビーや、まるで柴犬!?と思ってしまうディンゴという犬の仲間もいました。

その他、ヘビやカエル、トカゲ、鳥類、カンガルーなどもいます。
パーク自体はこじんまりしていて、そんなに時間をかけずに観覧できます。

ワニ
ワニ
ディンゴ
ディンゴ
ワラビー
ワラビー

 

中でも特に可愛くて衝撃だったのは、ウォンバットです。

オーストラリアに行くなら是非会ってこいと友人に勧められました。

Wikipediaには

ウォンバット(Wombat)は、カンガルー目ウォンバット科の哺乳類の総称。名前はアボリジニの言葉で「平たい鼻」を意味する。生態は異なるがコアラに近い種族である。

とあります。

ずんぐりむっくりのフォルムに愛らしさを感じずにはいられません。

IMG_7955

IMG_7950

IMG_7952

IMG_7961

 

 

⒊ マーリーナのBakeryで軽めの昼食

 

午後は離島に行ってシュノーケリングを行う予定なので、お昼は軽めにしました。
手早く食べられるという事で、再度マリーナのBakeryへ行きました。

私は、ツナサンドを購入しました。
嫁殿はパンが飽きた様子でカップヌードルを購入しました。
一旦クオリアに戻り昼食を済ませました。
ツナサンド美味しかったです。

ツナサンド
ツナサンド
現地で買ったカップヌードル
現地で買ったカップヌードル

 

 

⒋ 午後のアクティビティー

 

本日の午後は、マリーナから高速船でHaselwood islandのチョーキーズビーチとWhitsunday islandのホワイトヘブンビーチの端に行くツアーです。

⒋1 マリーナから高速船でチョーキーズビーチへ・シュノーケリング

 

マリーナから高速船でチョーキーズビーチまでは25分です。
2日目のグレートバリアリーフ行きの船を経験しているので、今回の揺れは屁のカッパでした。
嫁殿も快調です。

これで出発
これで出発

IMG_7998

IMG_8001

チョーキーズビーチ
チョーキーズビーチ

 

チョーキーズビーチも充分奇麗でした。
ここでシュノーケリングです。

チョーキービーチ
チョーキーズビーチ

 

こちらでは、泳げると言うとライフジャケットの着用をしなくても許されます。
ライフジャケットがあると楽ですが、いざ奇麗な魚に近寄りたいという時に潜れないので、我々は着用しませんでした。

この日も快晴でしたが、シュノーケリングをしている時だけ、太陽に雲がかかり、よい光が海中に届きませんでした。
砂も多少舞っているので魚は見えますが、少しかすんで見えます。

魚たち
魚たち
青い魚
青い魚

またしても残念。

と肩を落としていると、ここで奇跡が!!

ここではある程度の範囲を自由にシュノーケリングできるのですが、
我々がその時たまたまいた海底にウミガメが!!

嫁殿が発見しました。
周りは誰も気付いていません。
我々二人はとっさに必死でウミガメを追いかけました。
空気を読んでか、ウミガメは慌てる事なく優雅にゆったりと泳いでくれていました。

ウミガメ発見
ウミガメ発見
なんとか追いつきました
なんとか追いつきました
優雅です
優雅です
横に回ってみました
横に回ってみました
見とれます
見とれます
息継ぎするのを忘れるくらいです
息継ぎするのを忘れるくらいです
至福
至福
亀さんありがとう
亀さんありがとう

 

おかげで、ウミガメの写真も撮れました。
ウミガメ探索ツアーというのも別にあるくらいですから、偶然に出会えた事に感激でした。
二人でしばしウミガメと泳ぎ見送りました。

あ〜幸せ。

 

⒋2 Whitsunday islandのホワイトヘブンビーチ再訪

つづいて、チョーキーズビーチから船で5分ほどでホワイトヘブンビーチの端に着きます。

ここは、2日目にいったホワイトヘブンビーチとはエリアが違います。船で来る人達用のエリアなのか、他にもプライベートヨットなどが沢山停まっていました。

とはいえ、何度見てもこの白い砂浜は奇麗です。
ここでしばしゆっくりした後にハミルトン島へ帰ります。

海の青さに衰えはありませんでした。

Whitsunday island
Whitsunday island

IMG_8014

IMG_8019

 

 

⒌ マリーナのRomanos(イタリアン)で夕食

今夜はハミルトン島最後の夜です。

私は蕎麦に次いでパスタが好きです。以前はパスタの方が上でした。
そもそも、イタリアンが大好きなのです。

という事で今夜はイタリアンレストランのRomanosに行きました。
ここも人気店で予約をとるべきです。

クオリアからの道順はこんな感じです。

スクリーンショット 2015-09-29 15.49.52

 

 

マリーナに面した席で、月が良く見えて雰囲気も大変良かったです。

IMG_8026

 

スターターはまたもやオイスターです。

フォカッチャもオーダーしました。

オイスター
オイスター
フォカッチャ
フォカッチャ

 

次に、水牛のモッツァレラチーズとトマトのカプレーゼです。
チーズは濃厚で文句無しでした。

IMG_8031

 

メインのパスタに大好きなペペロンチーノをお願いしました。
メニューにはなかったのですが、ウェイターさんに聞いてみると、シェフにお願いしてみると言ってくれました。
無事オッケーがでました。

IMG_8033

 

抜群に美味しかったです!
味もさることながら、ホスピタリティの高さに感激しました。

こうして、ハミルトン島での最終夜を大満足で終える事ができました。明日は、ケアンズに移動になります。

つづく。