セキセイインコの放鳥時の糞の処理・インコの本能と習性を把握すれば意外と簡単

セキセイインコの放鳥時の糞の処理・インコの本能と習性を把握すれば意外と簡単

セキセイインコを部屋で放鳥する時、糞のことが心配ですね。

でも、セキセイインコの本能と習性を把握すると、糞をする場所がある程度限定できます。

 

 

⒈ セキセイインコはいつ糞をするの?

 

セキセイインコはいつ糞をするのか?

ざっくり言えば常時です。できる時にするのが鳥さんの本能です。鳥は常に外敵から身を守るためにいつでも飛べるよう、体を軽くしておく必要があります。そのため、ウンチをためておくことはしません。逆にウンチを我慢してためてしまっては体に良くありません。だから、したくなったらするのです。

とはいえ、ある程度習性があります。

 

主に糞をするのは、

・飛び立つ前
・着地して安心した時
・興奮した時
・同じ場所にずっといる時

です。

 

セキセイインコの場合、部屋で放鳥している程度の飛行距離であれば、飛んでいる間に糞をすることはほぼありません。ここが嬉しいポイントです。つまり、糞をする時はどこかに止まっている時です。部屋に放鳥したとしても、止まる場所をある程度限定しておけば糞をする場所を限定することができます。

 

 

⒉ 止まる場所を限定する

 

セキセイインコの習性を逆手にとりましょう。

セキセイインコはもともと外敵から身を守るために、見晴らしの良い高い場所を好んで止まります。なるべく高いところで安心したいわけです。

我が家のセキセイインコのスズメちゃんの場合は、部屋の中央の照明器具が定位置です。ここが一番高くて見晴らしが良いからです。ゲージから出すと、部屋をグルーっと飛んで照明器具に止まる、これを繰り返しています。この場合には照明器具の真下に新聞紙を広げておけば糞の処理は簡単です。

 

徐々に慣れてくると、下にも降りてきます。その時も、足場の安定した止まりやすい場所に止まります。ですから、一緒に遊ぶ際にはそのような場所に誘導して遊ぶようにします。逆にそれ以外のところに泊まりやすそうな場所を作らなければ良いわけです。

 

もちろん、飼い主である自分にも止まります。これは嬉しいことなのでもう糞でもなんでも許せてしまうのが本音ですが、対策はあります。まずは頭に止まる癖をつけさせないことです。先にも述べたように高いところを好む習性と、面積の広さから頭の上に止まりがちです。最初は特にそうです。頭に止まったら、頭を揺らすなどして頭は不安定な場所だと覚えてもらいます。そうしているうちに肩に止まるようになります。あとは、糞をされてもまぁいいか、と思える服を着ておくことです。

 

こうすれば、糞をする場所が部屋の中の数カ所に自ずと限定されます。

 

 

⒊ 目を離さないのが原則

 

放鳥時は愛鳥から目を離してはいけません。これは原則です。もちろん放鳥前に部屋の中に危険がないかをチェックしますが、それでも思わぬ事故が起こるのを防ぐためです。

常に見ていてあげれば、いつ何時どこでウンチをしたかは解りますね。

 

糞の処理はその都度拭き取っても良いでしょうし、少し時間をおいて乾いてから取るのも汚れなくて済みます。どちらでも良いでしょう。我が家は乾いてから取るようにしています。

 

 

⒋ まとめ

 

セキセイインコの放鳥時には、

・飛び立つ前
・着地して安心した時
・興奮した時
・同じ場所にずっといる時
・見晴らしの良い高い場所が好き
・足場の安定した止まりやすい場所が好き

という愛鳥の本能と習性をうまく利用して糞の場所を限定することが可能です。

服にされるのが気になる場合には、汚れても大丈夫な服を着ているようにしましょう。

更に放鳥時は目を離さないのが原則なので、基本的には知らない場所で糞をされていることは無くなるはずです。

 

とはいえ相手は鳥さんです。例外が起きることもあるかもしれませんが、優しく受け入れましょう。

セキセイインコのスズメちゃん

 

 

 

 

【今日のオランダ語】
なんてご親切に、ありがとう!
Dat is aardig van je!
(ダットゥ イス アールディッヒ ファン イェ)