似顔絵を描く醍醐味・絵に息吹を吹き込む作業・生涯向上!

似顔絵を描く醍醐味・絵に息吹を吹き込む作業・生涯向上!

これまでにたくさんの似顔絵を描いてきました。

これからも描いていくつもりです。

そこには様々な似顔絵を描く醍醐味をあるからです。

 

 

⒈ 似顔絵を描く醍醐味

 

自分の場合、似顔絵を描く醍醐味には大きく

・自分の絵に息吹を吹き込める
・喜びを得られる
・描けば描くほどに上達する

と言ったことが挙げられます。

 

小山慶介 似顔絵 Chest out!

小山慶介 似顔絵 Chest out!

 

 

⒉ 自分の絵に息吹を吹き込める

 

似顔絵は文字通り絵です。

写真ではなく絵である以上、絵であることにこだわっています。

超絶技巧でまるで写真のような絵を描けるイラストレーターも世の中にはいます。

本当に尊敬するし、素晴らしい技術だと心から思いますが、自分が目指し、こだわっているのはそこではありません。

似顔絵である以上、ご本人とにていなくてはなりませんがあくまで絵・イラストであることにこだわっています。

絵である事にこだわりながらも、まるで生きているようなそんな絵を目指しています。

下書き(デッサン)を終え、清書(ペン入れ)をした時点では、まだまだ生命が宿っていません。

色塗りを完了して初めて息吹が吹き込まれます。

色塗りをして絵に息吹を注ぎ込むと、まるでその絵が動き出してくれんじゃないかと思ってしまいます。

似顔絵に生命が宿ると、作品一つ一つはいわば自分の分身というか、可愛い子供たちのような感覚にすらなります。

 

子供

子供 似顔絵

 

デッサン chest out

chest out

 

イラスト 小山慶介

イラスト 小山慶介

 

Chest out! 似顔絵

Chest out! 似顔絵

 

絵を描く口腔外科医・小山慶介

絵を描く口腔外科医・小山慶介

 

 

⒉ 喜びを得られる

 

うまく行った時、うまくかけた時の喜びは何にも代え難いものです。

もちろん、似顔絵ですから似ていない物はたとえ絵として上手くても駄作です。

反対に、似てはいるけど絵として自分が納得いくレベル以上の物でなければ、それはそれで駄作です。

そうならない時は描き直しです。

それらの条件が全て合致して、良い絵が出来た時は喜びと達成感で満たされます。

 

また、似顔絵を納品した後に依頼者さんの喜びの声が届くと、さらなる喜びが得られます。

ですから、描く時は常に依頼者さんの期待を上回るように意識しています。

期待値という物は数値で表せるものではありませんので、客観的な判断は出来かねますが。

可能なかぎり、期待通りではなく期待以上を心がけています。

 

小山慶介 似顔絵 Chest out!

小山慶介 似顔絵 Chest out!

 

 

 

⒊ 描けば描くほどに上達する

 

絵というものは不思議なもので、描けば描くほど上達するものです。

毎回、自分の持ち全てを出し尽くして描くようにしています。

すると、少しづつでも技術が向上していくものです。

”最新作が最高傑作” をモットーに描いています。

 

 

イラストギャラリー

似顔絵・ウェルカムボード注文

 

 

【今日のオランダ語】
上司は私にメールで情報を送って欲しがっている。
Mijn baas wil dat ik de informatie via internet stuur.
(マイン バース ヴィル ダットゥ イック ドゥ インフォマーツィ ヴィア インターネット ステュール)