ジムで一石二鳥!ボディラインとメンタルラインを整えよう・ジムに行くのはメンタルのためでもある!

ジムで一石二鳥!ボディラインとメンタルラインを整えよう・ジムに行くのはメンタルのためでもある!

ジムで運動する効能は、体のためだけではありません。

ついでにメンタルラインも整えましょう。

 

 

⒈ メンタルライン

 

メンタルラインとは、読んで字のごとくメンタル(精神・心)のライン(外形・芯)のことです。

メンタルラインでググってもそんな言葉はでてきません。

僕が勝手に思いついた造語です。

(どこかで既に使われている言葉かもしれませんが。)

 

ボディラインはよく知られた言葉で、人間の体の輪郭や車の車体の外形を示す線のことです。

ボディラインを整えるといえば、体のラインを整えることを意味します。

出すべきところは出して、凹ますべきところは凹ます。

その上で全体のバランスを良くし整えることだと思います。

車でいえば、車体の外形を整え格好良く見せる、空気抵抗をなくすといった目的があるでしょう。

 

そのような概念をメンタルにも適用させたのがメンタルラインです。

メンタルには物理的な姿・形はありませんので、あくまで概念的な考えです。

 

ジムに行く理由は往々にして、体の健康やボディラインの改善、ダイエット、筋トレといった目的が先行すると思います。

そして、同時にストレス発散やリフレッシュといった心の健康にも、無意識(必然的)に効果があります。

せっかくジムに行くのなら、ボディラインのみならずメンタルラインの改善にも意識して一石二鳥を目指しちゃいましょう。

 

 

⒉ ジムで一石二鳥!メンタルラインの整え方

 

メンタルラインの整え方も人それぞれあると思います。

ここでは、ジムでの自分なりのメンタルラインの整え方を紹介します。

 

大学時代の部活(ラグビー部)のオフ時に利用し始めて以来、社会人になってからもなんだかんだ通っています。

通う回数はその時々でまちまちですし、しばらく行けないなんて時もありましたがオランダにいる今でも週に1回は通うようにしています。

なので、別に全くもってムキムキマッチョとかではありません。

あくまで、最低限の体型維持とやはりメンタルラインの改善のためです。

留学中であり、口腔外科医としての収入が無い節約生活の今ですが、オランダはジムの月額料金が日本に比べて安いので通えています。

 

メンタルラインの整え方は

①お好みのウェアとシューズ
②お好みのジム
③お好みの音楽
④妄想

です。

 

①お好みのウェアとシューズ

「まずは格好から」は決して悪いことではありません。

むしろ僕はそうしていますし、格好から引き出されるやる気アップの効果を信じています。

なので、自分のお気に入りウェアとシューズを揃えましょう。

今は、機能性とデザインを兼ね備えたウェアとシューズが多数あります。

もちろん、スポーツに特化したものでなくても良いでしょう。

とにかく、それを着て・履いてジムで運動したら気分が良いだろうな、というものを選べば良いのです。

自分なんて、Tシャツはユニクロスポーツ、短パンはarena(水泳ブランド)、シューズはニューバランスかナイキとバラバラです。笑

でも自分が気に入っていればそれで良いのです。

全て日本にいた時に購入したものですが、オランダまで持ってきました。

 

 

②お好みのジム

選択の余地があるのなら、ジムも自分好みの場所を選べると良いですね。

ジムの雰囲気、マシーンの数、混雑具合、内装、アメニティ(お風呂、シャワー、サウナ)、立地、通い易さ、値段。

これらを総合的に判断して、自分が一番行きたいなと思えるジムを選ぶと良いです。

 

 

③お好みの音楽

音楽の効果は絶大です。

そんなのみんなやってるよ!という事だとは思いますが。

ジムで運動している間、モチベーションを上げてくれる音楽を聞いて相乗効果を狙います。

ランニング中に辛くなってきても、音楽のおかげで乗り切れます。

運動中には、体にかかる負荷や辛さから身体を守るために脳からエンドルフィンが分泌されます。

エンドルフィンによって、運動中の高揚感や運動後のスッキリ感が得られます。

エンドルフィンが分泌されまでの最初の時間、分泌後の乗ってきた時間帯、どちらも大好きな音楽を合わせて相乗効果を狙いましょう。

 

 

④妄想

妄想は最大のツールです。

誰もが持っている無料のツールです。

なりたい自分、理想の自分、夢が叶う瞬間、目標が達成できる光景、など自分にとって都合の良いポジティブな妄想をガンガンしましょう。

辛くなった時こそ、聞いている音楽をバックミュージックに、まるで自分が本当にオリンピックやマラソン大会などで走っているシーンを妄想しても良いでしょう。

自分の前には別のランナーがいて、最後のトラック勝負で前のランナーを抜いて一位になる姿。そんな妄想でも良いです。(自分もよくやっています。)

まるで、映画やドキュメンタリー番組に自分が出ているかのごとく妄想しまくるのです。

劇的であればあるほど良いくらいだと思っています。

こうして、ポジティブな妄想に浸りまくった運動後は、自然となんだか色々なことが出来る気がしてきます。

迷いが消え、ブレていた軸が固まり、できる気がしてくるのです。

まさにメンタルラインが整う瞬間です。

実際には運動直後に自分を取り巻く環境が急に変わることはありません。

あくまで妄想の力でできる気がしているだけです。

しかし、この「できる気がしている」ということが実に実に実に大事なのです。

現に脳科学の分野でも妄想の力の凄さは肯定されています。

出来ないと思ってやるより、出来ると思って挑戦する方が実現可能性はぐんと上がります。

そう信じています。

 

 

こうして、ラインが整った状態の前向きでポジティブなメンタルを持ってして、あとは理想の自分、妄想した自分を具現化していきましょう。

ジムにも定期的に通って、ボディラインと合わせてメンタルラインを整える習慣がつけば一石二鳥です!

ぜひ、メンタルラインを整えてポジティブでチャレンジャブルな日々を楽しみましょう!

 

ちなみにオランダ(マーストリヒト)のジムはこんな感じです。↓↓
24時間営業、風呂なし、シャワーあり、サウナありで月額30ユーロ(3900円)
助かります!

オランダでジム!驚き・24時間営業・年中無休で安いマーストリヒトのジム!

 

 

【今日のオランダ語】
授業で何をしたか知りたいです。
Ik wil graag weten wat jullie in de les doen?
(イック ヴィル フラーフ ヴェーテン ヴァットゥ ユリー インドゥ レス ドゥン)