尊敬するイラストレーター・寺田克也さん

尊敬するイラストレーター・寺田克也さん

好きなミュージシャンや俳優さんがいるように、好きなイラストレーターもいます。
中でも飛び抜けて大好きな日本人イラストレーターがいます。

 

⒈ 私が大好きなイラストレーター

 

ズバリ、寺田克也 さんです。

以下に簡単なプロフィールです。

寺田 克也(てらだ かつや、男性、1963年12月7日 – )は、岡山県玉野市出身のイラストレーター、漫画家である。通称、ラクガキング。キャラクターデザインは、ゲームやアニメから実写映画まで多くの分野で行っており、海外の作品にも参加している。(Wikipediaより引用)

寺田克也さんの公式ページ

 

 

⒉ 凄さその1:画力

 

まぁ、とにかく絵を見ればその凄さがわかります。

 

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

page-39940

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

t_r_image3

[/wc_column][/wc_row]

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

spiral02

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

tumblr_ntycxq8tbn1r5eid2o1_1280

[/wc_column][/wc_row]

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

tumblr_nuc4d7e0tv1r5eid2o1_1280

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

tumblr_nycmic5da31r5eid2o1_1280

[/wc_column][/wc_row]

 

人物画から、動物、魚、架空の生物まで引き出しの広さが半端ないです。
また、それぞれの筋骨系の解剖学的知識の豊富さも伺えます。

眺めているだけで時間を忘れてしまいます。
イラスト集など本も出版されています。
自分も何冊かもっています。

3つ目の「絵を描いて生きていく方法」は画集ではなく、インタビュー形式の本です。
絵を描くのに使っている道具のことや、メンタルの話など実にためになる本でした。

 

イラスト集は一冊オランダまで持ってきています。

img_5121

 

 

⒊ 凄さその2:ライブペインティング

 

ライブペインティングは実に圧巻です。
大きな白い紙に、マジックペンで即興で絵を描いていくライブパフォーマンスです。

ライブペインティングのすごいところは、下書きなしの一発本番というところです。

下書きなしなのに、絵として大きな間違いが起きないのです。
的確に座標を捉えて線を引いていきます。
その結果描き上がる絵のクオリティーの高さといったら、ため息が出てしまうくらいです。

いかに日々描いている量が多いかが伺えます。

何事も継続は力なりですね。

因みに今年(2016)の年賀状は、寺田克也さんのイラストを真似して猿を描いていました。
2016nenngajou-2

一歩でもいいから近づきたいものです。

【今日のオランダ語】
私は彼に夢中です!
Ik ben gek op hem!
(イック ベン ヘック オップ ヘム)

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.