ユーロスターの乗り方バイブル・ブリュッセルからロンドンへ!

ユーロスターの乗り方バイブル・ブリュッセルからロンドンへ!

先日学会でイギリスに行くために、ユーロスターを使用しました。

オランダ出発でユーロスターへの乗り方についてまとめてみました。

⒈ ユーロスター

ユーロスター( Eurostar)は、英仏海峡トンネルを通ってイギリスとヨーロッパ間を行き来できる国際列車のことです。

ロンドンとフランスのリール、パリ、およびベルギーのブリュッセルとの間で運行されています。

ウィキペディアより引用
ウィキペディアより引用

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-18-22-34-12

 

チケットはネット購入できます。

ユーロスターチケット購入ページ

チケットの値段は日に日に上がっていくので、出発日が決まっているなら早めに購入すると良いでしょう。
(自分は間際になってしまったのですが、行きは50ポンド、帰りが80ポンドくらいでした。)

チケットはメールで送られてきます。
印刷して持っていくか、スマホなどに画像として保存していけばチェックインできます。

 

⒉ 実際に乗ってみた

オランダからユーロスターでロンドンへ行くためには、ベルギーのBrussel Midi(Zuid)(南)駅からユーロスターに乗ります。

ユーロスターは新幹線というより、どちらかというと飛行機よりのシステムです。

チェックインや荷物検査などもあるので出発時間より早めに駅についている必要があります。
チケットには1時間から45分前には駅に来るように指示があります。

 

Brussel Midi(Zuid)駅に1時間前に到着。

ユーロスターの乗り場へは上の看板を見ていけば、必ずつけると思います。
常にユーロスターはあっち!といった矢印が出ています。

Eurostarの文字を探します
Eurostarの文字を探します
沢山マークがあります
沢山マークがあります

 

ブリュッセル南(Midi, Zuid)のプラットホームから階段を下ると開けた場所に出ます。

このエリアにトイレがありましたが有料で60セントです。
結果的に、ユーロスターの待合ラウンジにも無料のトイレがあるので、そちらで用を足す方が節約できます。

矢印に沿って行くと、ユーロスターチャンネルプラットホームの入り口にたどり着きます。

もうひたすら矢印を追っていきます
もうひたすら矢印を追っていきます
うーん、解りやすい!
うーん、解りやすい!
迷いようがない
迷いようがない
Eurostarの入り口に到着
Eurostarの入り口に到着

ここで、先ずチケットのバーコードの読み取りを行います。

印刷しなくても、アイフォン画面のバーコードをかざせば大丈夫でした。
続いて荷物のX線検査を受けます。
パソコンを荷物から出す必要はありません。
飲み物など液体も特に注意されませんでした。
荷物検査
荷物検査

 

その先にパスポートコントロールがあります。2段階になっています。

最初はパスポートをにハンコを押してくれるだけ、次に再度パスポートを提示して、旅の目的などを聞かれて通過。
チェック関係は以上です。

これでようやく、待合ラウンジに入れます。ラウンジには、小さな売店とカフェが1つでした。
奥にも続いているのですが、工事中で入れなかったので、もしかしたら奥にも何かしらがあったのかもしれません。

Wi-FiはカフェのフリーWi-Fiがありましたが、速度が遅く、私は待ち時間の間に繋がりませんでした。

ラウンジ内にはATMがあり、ここでポンドを引き出すことができます。
待合ラウンジ 奥に椅子あり
待合ラウンジ 奥に椅子あり
カフェ
カフェ

 

待合ラウンジのトイレ
待合ラウンジのトイレ
ATM
ATM

 

15分前になってゲートが開きます。
ゾロゾロとステップなしのエスカレーターでプラットホームへ。

自分の席に着席。
スタンダードチケットの車内は可もなく不可もなく普通です。
席はリクライニングしません。コンセントもありません。
上級席にはあるのかも。
ユーロスターのフェイス
ユーロスターのフェイス
意外と汚れているけど格好良い
意外と汚れているけど格好良い
エスカレーター
エスカレーター
車内
車内

 

日本の新幹線の方が綺麗かな
日本の新幹線の方が綺麗かな
車内の荷物置き場
車内の荷物置き場

 

ユーロスターの車内には売店があります。
飲み物、お酒、軽食が買えます。ユーロも使えます。

ロンドン市内での移動に便利なオイスターカードもここで購入できます。

オイスターカード
オイスターカード

 

これは日本でいうSuicaやPASMOの様なものです。
車内で買えるオイスターカードには既に15ポンドがチャージされています。
カード自体が3ポンドで計18ポンド、ユーロで購入すると24ユーロでした。

オイスターカードを使うと電車に1日に何度も乗る場合には、引かれる上限が決まっているため、また一回の料金もその都度切符を買うよりお得になる様です。

(4泊のイギリス滞在中に6回地下鉄に乗りましたが、最初にチャーギされていた15ポンドで足りました。もちろん乗る距離によってzoneをまたぐので、それらによって必要な金額は変わると思いますが。)

ブリュッセルから約2時間でロンドンに到着します。

St. Pancras International駅
St. Pancras International駅
良い眺めです
良い眺めです

ユーロスターが、到着する駅はSt. Pancras International という駅です。
そこから市内へ移動するにはKing’s Cross St. Pancras 駅に移動して地下鉄を使うことになります。

両駅は地下でつながっているので迷うことはありません。

注意点がひとつあり、オランダやベルギー、ドイツなどの中央ヨーロッパと1時間の時差があります。

ロンドンがオランダから見て1時間手前です。
(オランダがa.m.10時ならイギリスはa.m.9時)

ユーロスターの便利さはヨーロッパからロンドンへの行き来を非常に楽にしてくれます。
飛行機よりもセキュリティも緩いし、早めにチケットを取れば安上がりでしょう。

イギリス旅行の思い出作りに使ってみては如何でしょう?

【今日のオランダ語】
パソコンはとても役に立つ。
Persoonlijke computers zijn heel nuttig.
(ペルゾーンリック コンプーテルズ ゼィン ヘール ヌタッハ)