新しい事を始めるのに最適なタイミングって?“今更”、“遅すぎる”は禁句


新しい事を始めたいと思ったとき、様々な不安があると思います。中でも時(とき)に関する不安はつきものですよね。

● 今更・遅すぎ は存在しない!

新しい事を始めるにあたって、その事柄が人生に関わる大きな事であったりすると、誰でも多少は慎重になりますよね。10代だったら、20代だったら、何も考えずにチャレンジしたのに。。。なんてこと考えた事ありませんか?

ある程度年齢を重ねると、どうしても考えてしまうのが”今更、遅すぎでは?”

自分に言い聞かせている言葉に『思い立ったが吉日』があります。 退職、転職、引っ越し、勉強、留学、旅、娯楽。何においても当てはめられる考えだと思います。

まぁ、スポーツでオリンピック選手になりたい!という夢を30代になってから持っても、種目によっては正直遅すぎる、なんて事はあると思うけど、それでも100%不可能なんて事は言い切れないし。そもそも、そのスポーツ始める事自体には遅すぎることなんてないわけで。

なんてったって、◯ ◯をやりたい!◯ ◯になりたい!◯ ◯を成し遂げたい!と思ったその日が、その時が、その夢や目標に対して向き合った最初のタイミングなのだから仕方がない。それ以上早くはでいないのだ。

10年早く思い立っていればなぁ、なんてしても意味の無い後悔をするよりは、今から10年後では無くたった今、思い立てて良かった思えば、何も遅すぎる事なんて存在しなくなる。

やろうかな?やめておこうかな? なんて迷っているくらいなら始めてしまった方が時間を無駄にしないですむ。思い立ったその日が、その目標実現への道のりの最初に日なのだ。後は刻一刻と限りある人生の時間は減って行く一方だ。

本当にやりたい事なら、『思い立ったが吉日』だ!

ちなみに、同義の英訳は色々あるが、自分は『There is no time like present.』が好きです。直訳すれば『(準備をはじめるのに)現在ほど良い時はない』という感じでしょうか。There is を省略して No time like present.でもすっきりしてていいですね。

このブログも、『思い立ったが吉日』の精神で始めます。

宜しくお願い致します。

 

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2015 Keisuke Koyama