レダン島旅行記・レダン島上陸&1日目編

レダン島旅行記・レダン島上陸&1日目編

レダン島旅行記の続きです。

前回は成田からクアラトレンガヌ空港までの行き方を記事にしました。

レダン島旅行記・出発から到着まで・レダン島への行き方

今回はクアラトレンガヌ空港からレダン島までの道のりと1日目の体験を記事にします。

 

⒈ 空港からメランジェッティー(船着場)へ

この時点で、気温は暑く、湿気ややあり。
事前の調査では、ジェッティーは二つあるようです。

①Merang jetty

クアラトレンガヌ空港から車で40分ほどのところにある船着場。
基本、タクシーで向かいます。
ジェッティーからはレダン島まで船で40分です。
②Shabandar jetty

こちらはクアラトレンガヌ空港から徒歩15分くらいのところだそうです。
空港からは近いですが、このジェッティーからレダン島までは船1時間40分もかかるようです。

 

我々はホテルの送迎サービスで選択の余地無くMerang jettyに向かいました。

専用のバンでジェッティーに40分ほどで到着です。

メランジェッティー
メランジェッティー

 

 

メランジェティーで環境保護税のようなものを一人5RM支払います。

IMG_2245

IMG_2246

 

⒉ メランジェッティーからレダン島・ホテルへ

小型ボートで飛ばす事40分、海の綺麗さにこの時点で気分は高まります。
途中2箇所別の場所に寄って、とあるハーバーに到着。
ここがレダン島の入り口のようです。

そこから、農耕用のトラクターでホテルまで行きます。
面白いしなかなかない体験なので良いのですが、結構揺れます。

ボート
ボート
綺麗な海
綺麗な海

img_1940

耕運機に揺られます
耕運機に揺られます

 

ホテルに到着です。

レセプションでウエルカムドリンクの甘〜いティー(レモンティーらしい)を頂いて、チェックイン。

 

⒊ 部屋

部屋は一棟がたのビラ。
入るとすぐ目の前がメインルームでベッドがドーーン!!
テレビ、冷蔵庫、テーブル、椅子もあります。
左奥にクローゼット。
右奥にトイレとシャワールーム、バスがあります。

バルコニーにはベーチチェアがあり、目の前には頑張って作った感の溢れるラグーンがあります。

天気も良いし、部屋の白い壁が映えて、気分は最高です。

ウェルカムドリンク
ウェルカムドリンク

 

 

メインルーム
メインルーム
メインルーム
メインルーム

 

バルコニー
バルコニー
バルコニー
バルコニー

 

バルコニー
バルコニー
ラグーン
ラグーン

 

⒋ 1日目のアクティビティー

さて、まずは近隣散策です。
基本的に、目の前のビーチをホテルを背に右方向へ歩いて行ったビーチ沿いにしか店はありません。
初日は、この島の概要やスタンスが分かっておらず、とりあえずサラダが食べたいと思って店を渡り歩くもサラダが無い。。。
結局ホテルのレストランへ。

しかしホテルのメニューにサラダはあるものの今はでき無いとのこと。

じゃぁ、ローカルフードだ!!ってことで、シーフード焼きライス。25RMくらい。
やっぱり美味しい。
ビールは22RM。(同じ一缶で近くの売店には12RMで売っている。)

img_1957

 

IMG_1960

 

食後はビーチでのんびり。
正午から3時くらいまではかなり日が強くて暑いです。
目の前の海は透明度が高く岩場に行けば魚も沢山見られます。

早速持参したゴーグルでシュノーケルをしてみました。

ビーチから見たホテル
ビーチから見たホテル
青い海
青い海

 

透明度半端ない!
透明度半端ない!
白い砂浜
白い砂浜

 

カニ
カニ
間の前の浅瀬でも魚いっぱい(iphoneで撮影)
間の前の浅瀬でも魚いっぱい(iphoneで撮影)

 

シュノーケリングの後は、プールで泳いで部屋に戻ります。

夜7時半くらいまでは明るいです。

夕飯は、初日ということでホテルのレストラン(ホテルの2階)に行きました。

ここでもメニューに書いてあるほとんどのメニューは今は作れないとのことでした。
ローカルフードのみです。

どうしようかと困惑していると、ビュッフェでよければ一人分の料金で二人で食べていいですよ、と提案されました。

というのも、どうやら予約時のプランで、昼食夕食もビュッフェ込みのプランで予約しているお客も多いようです。(我々は朝食ビュッフェのみのプランです)

ビュッフェならローカルフードをいろいろ食べれそうなので、その提案に乗りました。

やはり味は美味しいです。

IMG_1987

IMG_1988

いかんせん生野菜が全然無いことにコンゴの不安を覚えます。
料理の味は美味しいのですが、野菜欲しいなぁって。

その不安も徐々に払拭されていきましたが。

 

ちなみに、iPhoneで海の中の写真を撮影するのに重宝した防水ケースです。
全く水が入ってきませんでした!!
これはマストアイテムでしょう!!

 

それでは2日目編につづく。

行き方編はこちら→レダン島旅行記・出発から到着まで・レダン島への行き方

レダン島旅行記・出発から到着まで・レダン島への行き方

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016 Keisuke Koyama