イラスト提供実績・OLYMPIC TORCH FLAPの論文用シェーマ・雑誌Annals of Burns and Fire Disastersに掲載

イラスト提供実績・OLYMPIC TORCH FLAPの論文用シェーマ・雑誌Annals of Burns and Fire Disastersに掲載

先日、シェーマを提供させていただいた論文がパブリッシュされました。

ご依頼くださった著者はDepartment of Burns and Plastic Surgery, All India Institute of Medical Sciences, Rishikesh, IndiaのDr Madhubari Vathulyaです。

 

⒈ イラスト掲載論文

 

今回シェーマを提供させていただいた論文は

Dr. Madhubariとは、現在自分が所属しているオランダ・マーストリヒト大学病院で出会いました。

彼女はインドの病院で形成外科医として活躍しています。

マーストリヒト大学病院の頭蓋顎顔面外科学講座に1ヶ月間見学に来ていたのが出会いです。

その際に、熱傷患者に対する新しいフラップ作成手技を考案していると聞き、論文作成に加わらせていただきました。

 

 

⒉ 提供シェーマ

 

論文の内容は、顔面に熱傷を受傷した患者さんに対する有茎皮膚移植のための新しいフラップ作成方法についてです。

後頭部側方の頭髪生え際部分からフラップを起こし、眼球周囲に移植する方法です。

これによって、眉毛と上下の眼瞼を同時に作成するという方法です。

このフラップ作成過程についてのシェーマを描かせていただきました。

(シェーマは論文には白黒で掲載されています。)

 

[wc_row]

[wc_column size=”one-half” position=”first”]

論文用シェーマ・小山慶介・Keisuke Koyama

[/wc_column]

[wc_column size=”one-half” position=”last”]

論文用シェーマ・小山慶介・Keisuke Koyama

[/wc_column]

[/wc_row]

 

[wc_row]

[wc_column size=”one-half” position=”first”]

論文用シェーマ・小山慶介・Keisuke Koyama

[/wc_column]

[wc_column size=”one-half” position=”last”]

論文用シェーマ・小山慶介・Keisuke Koyama

[/wc_column]

[/wc_row]

 

[wc_row]

[wc_column size=”one-half” position=”first”]

論文用シェーマ・小山慶介・Keisuke Koyama

[/wc_column]

[wc_column size=”one-half” position=”last”]

 

[/wc_column]

[/wc_row]

 

 

シェーマの掲載にあたり、論文著者であるDr. Maduhbariに了承を得ています。
イラストの無断転用はご遠慮ください。

 

医療用イラスト・論文シェーマのご依頼はこちら

 

 

【今日のオランダ語】
私は絵を描くのが大好きです。
Ik houd van tekening.
(イック ハウ ファン テーケニング)

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.