イラストの汎用性の高さ・霞ヶ浦医療センター史跡マップ

イラストの汎用性の高さ・霞ヶ浦医療センター史跡マップ

イラストには様々な使い道があります。

以前、マップ(地図)を作ったこともあります。

 

 

⒈ 霞ヶ浦海軍病院

 

私が以前勤務していた病院は茨城県は土浦市にあります。

独立行政法人国立病院機構霞ヶ浦医療センターです。

この霞ヶ浦医療センターは、もともと海軍病院でした。

昭和16年10月1日に霞ヶ浦海軍病院として創設されました。

昭和20年の終戦に伴い厚生省に移管され、平成16年に独立行政法人化し霞ヶ浦医療センターとなりました。

従って、創設から76年という歴史ある病院なのです。

当然病院の敷地内には、海軍病院時代の歴史ある史跡が残っています。

 

 

⒉ 霞ヶ浦医療センター史跡マップ

 

海軍病院時代から残る当時の正門(現在は裏門)や、外灯、消火栓、敷地を示す境界杭などの史跡があります。

私が勤務していた時に、それら史跡を地図にして紹介するという企画が病院内で持ち上がりマップを作成しました。

この時にも、イラストが多いに活躍しました。

その時のマップがこちらです。

 

 

霞ヶ浦医療センター史跡マップ

 

 

霞ヶ浦医療センター史跡マップ

 

 

建物や木々も全て自作です。

イラストの汎用性の高さを感じる仕事でした。

 

 

【今日のオランダ語】
ランチに我々は一緒に彼女のサンドウィッチを食べものだ。
Tussen de middag aten we samen haar boterhammen op.
(トュッセンドゥ ミダッハ アーテン ヴェ ザーメン ハール ボッテーハメン オップ)