自信バロメータ50%越えを意識する・49%と51%では大違い

自信バロメータ50%越えを意識する・49%と51%では大違い

 

やると決めたことに対しては、できる限り自信バロメータが50%を超えるように意識しています。

51%街道まっしぐらです。

 

⒈ 自信バロメータ

 

大きな事、人生をかけるような挑戦には不安や心配、危惧はつきものです。

自信がある時もあればそうでない時もあります。
挑戦だなんて仰々しい事じゃなくても、日々の些細な行動にも当てはまると思います。

何にしても、何かを”するorしない”に影響する要素の一つに自信バロメータがあります。

自信100%ならなんの心配もないし、自信0%では普通はやらないでしょう。

何かに挑んでいる時、バロメータの針は50%を境に左右に動くものです。
50%を上回れば自信が勝り、100%に近づくほど怖いものなし。
50%を下回れば不安が勝り、0%に近づくほど前には進めなくなります。

 

 

⒉ 49%と51%の違い

 

1%でも0.1%でもいいから自信がある側に傾いていれば前進できるし、継続もできます。
反対に少しでも自信がない方に傾いていると、いずれ不安に押しつぶされてしまうかもしれません。
そしていずれは辞めてしまうでしょう。

51%側とで49%側は歩く景色が違うと思います。
行き着く先も全く別物だと思っています。

針はその時々によって左右に揺れ動くものだと思います。
自分が心がけていることは、
1%でも自信がある側にバロメータの針を振れさせることです。
そしてその時間が長ければ長いほど波に乗れます。

51%でも80%でも、その違いは大して気にしません。
(%が高いに越したことはありません)

大抵の事は49%か51%にかかっていると思っています。

 

 

⒊ 51%側に居つづける

 

どっちかにツンと押されれば直ぐにでも、そっちに傾く状態をどっちに押せるか。
ここがポイントです。

意識して、51%側に押してくれるモノと積極的に関わるようにします。
反対に、49%側に押されそうなモノからは距離を置きます。

 

方法は様々です。
自分で無理やり押すのも方法です。
これまでの積み重ねや、準備してきたことが押してくれることもあります。
外部からの力が押してくれることもあります。

要は、51%側にツンツンと押され続ける勢いに乗れれば良いわけです。
それは、自分でも、人でも、出来事でも、記事でも、芸術でも、ツンと押してくれるものならなんでも良いのです!

自分で、できると思い込む、紙に書く、人に言う、想像する、妄想する、イメージ化する。
人からの良い影響を追い風にする。
友人、先輩、後輩、家族と切磋琢磨する。
他人の成功を刺激にする。素晴らしい記事や、ブログを読んで感銘を受ける。
好きな音楽や絵を観賞してポジティブになる。

方法はなんでもいいんです。
とにかくアンテナを広く回し続けて、ツンツン押してくれるものに出会うことを常に意識しています。

今日も、51%街道を歩いて行こうと思います。

 

【今日のオランダ語】
私は51%街道を歩きます。
Ik loop op de eenenvijftig procent straat.
(イック ロープ オプ ドゥ エーネンフェイフティッヒ プロセント ストゥラートゥ)

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.