オランダの冬はロウペースで頑張らないように!と言い聞かせましょう。暗い冬場を乗り切ろう!

オランダの冬はロウペースで頑張らないように!と言い聞かせましょう。暗い冬場を乗り切ろう!

欧州の冬は往々にして暗いですね。

言わずと知れたことではありますが、、、

そんな冬場は、自分に気楽になる方が良さそうです。

 

 

⒈ 冬のヨーロッパ(オランダ)

 

ヨーロッパの冬は極端に日が短いです。

オランダももちろんそうです。

今日の日の出は8時36分

ブログを書いているたった今はまだ真っ暗です。

 

そして日の入りは16時33分です。

なんと日照時間はたったの7時間57分です。

8時間を切りました。

残りの16時間はほぼ真っ暗です。

 

加えて、冬場天気が悪いのも特長です。

1日に8時間程度しか太陽が昇らないのに、

その貴重な日中はほとんど曇りか雨です。

大袈裟でなく、ほとんとどんよりしています。

 

まぁー、それはそれは、本当に陰鬱になるのも否めません。

 

マーストリヒト

 

 

 

そんな大袈裟なと感じる方もいるかもしれませんが、

実際に住んでみると、実によく分かります。

ヨーロッパの冬はドイツにいた時も含めれば、

すでに4回目の経験となる今年ですが、やっぱり・・・

夏の方が好きです、僕は。

 

 

⒉ 暗い冬を乗り切る方法

 

ヨーロッパの冬は、太陽に当たれない、天気悪い、

のダブルパンチが毎日続くため、現地の方々もそれなり大変な様です。

気分が滅入ってしまう人が続出するようです。

街のBioショップを始め、至る所で

オメガ3やビタミンD、ビタミンBといったサプリメントが

売られています。

 

死活問題なのですね。

あながち馬鹿にはしていられません。

日照時間の減少に伴う冬季鬱病というものの予防ですね。

 

詳しくはこちらの記事もご覧下さい↓

冬場は日照時間の少ないヨーロッパ・自己対策で元気に乗り切ろう!

 

↑上記記事にも書いたような対策もありますが、

もう一つ提案したいのは、

「いっそのこと、あまり頑張らない」

という方法です。

 

おいおいおい!

甘えてんじゃないよー!という声も聞こえてきそうですね。

でも、何かと根が真面目で、自責の念が強い傾向にある日本人こそ、

「あまり頑張らない」対策が大事です。

 

なんだか冬になると、

気分が上がらない、体が重い、疲れやすい、やる気が出ない、、、

と感じる人も多いと思います。

 

そんな時は、

なんで!?

天気なんかに左右されるな!

しのごの言ってないで頑張れ!

とムチを打つのではなく、その逆に捉えてみましょう。

 

「そりゃ、この天気ですから。日に当たってませんから。

やる気が出なくても仕方ありませんよ。無理せず気楽にやりましょうよ。」

 

と思うことです。

 

もう、ある程度のことは天気のせいにしてしまいましょう。

そうすれば気が楽になります。

 

自然の力には勝てませんから!

 

 

【今日のオランダ語】
お役に立てたかしら?
Heb je hier iets aan?
(ヘップ イェ ヒア イーツ アーン)