ハミルトン島・クオリアとケアンズ・ヒルトンでのオーストラリアハネムーン旅行記。1日目

ハミルトン島・クオリアとケアンズ・ヒルトンでのオーストラリアハネムーン旅行記。1日目

ハミルトン島でのハネムーン初日の続きです。

 

⒉ ハミルトン島到着

朝9時半ころ無事ハミルトン島に到着です。
[wc_row][wc_column size=”one-third” position=”first”]

ハミルトン島

[/wc_column][wc_column size=”one-third”]

ハミルトン島

[/wc_column][wc_column size=”one-third” position=”last”]

ハミルトン島

[/wc_column][/wc_row]

 

 

⒉1 送迎にてクオリアへ

到着ゲート抜けていくと、スーツケースをピックアップする前に、すでにクオリアのスタッフがお出迎えをしてくださいました。
びっくりです。

冷たいおしぼりとお水もくださいました。

さらに、スーツケースはスタッフがピックして後で部屋に持っていきますと言われ、我々はすぐに別のスタッフとホテルへ向かいました。
送迎車は、フォルクスワーゲンの大きなバンでした。
乗り合いと思いきや、個別に送迎してくれました。

⒉⒈2 クオリアとは

以下、クオリアの公式ページからの引用です。

クオリアの魅力

最高のロケーション。

ハミルトン島の北の岬にありクオリアにご宿泊のお客様だけがアクセス出来る完全プライベートな隠れ家です。

壮観な景色。

各自独立型パビリオンは一面に珊瑚礁や熱帯低気林など素晴らしい景色が見え、プライベートサンデッキ、インフィニティーエッジプールもございます。

オーストラリアの贅沢。

すべてが完全なる休養と気持ちを満足させる為に慎重に熟考し設計されています。

スパクオリア。

心身を活性化させる為に至福とユニークなトリートメントからお選び頂けます。

上質なサービス。

それぞれのお客様が求めるサービスにお答えするために。クオリアのゲストサービスチームは24時間お客様の為におります。島内送迎が必要ですか?どこか近くの選ばれた島や海に思いつきで訪れたいですか?お申し出頂くと私たちは喜んでそれを実現致します。

高級レストラン。

クオリアのロングパビリオン、エグゼクティブシェフによる毎日のアラカルト朝食メニューを含む季節や地元の食材をお試し下さい。もしくは、ぺブルビーチはもっとリラックスしたお食事をお試し頂けます。

とまぁ、とにかく凄そうです。
そうそう訪れられなさそうなホテルです。ハネムーンともなれば奮発してしまいますので、ここぞという旅行には是非。

 

[wc_row][wc_column size=”one-third” position=”first”]

送迎車 ハミルトン島
送迎車

[/wc_column][wc_column size=”one-third”]

レセプションの入り口 ハミルトン島
レセプションの入り口

[/wc_column][wc_column size=”one-third” position=”last”]

メインロビー ハミルトン島
メインロビー

[/wc_column][/wc_row]

 

 

この日はあいにくの曇り空ですが、晴れた時の眺めを想像するだけでワクワクします。
ウェルカムシャンパンを頂きながら、チェックインです。

[wc_row][wc_column size=”one-third” position=”first”]

ウェルカムシャンパン ハミルトン島
ウェルカムシャンパン

[/wc_column][wc_column size=”one-third”]

メインロビー ハミルトン島
メインロビー

[/wc_column][wc_column size=”one-third” position=”last”]

メインロビーからの眺め ハミルトン島
メインロビーからの眺め

[/wc_column][/wc_row]

 

チェックイン後に、島内を移動する際に使うバギーの説明を受けて部屋に向かいました。
部屋は基本は14時以降に入れるのですが、準備ができていれば早い時間でも部屋に入れてくれます。
ハミルトン島は、巡回バスや、ホテルの送迎車以外は全てバギーです。スタッフも観光客もバギーでクオリア内および島内を移動します。
バギーはレンタルできます。1日約8000円です。(自分はバギーが含まれているプランでした)
バギーは電動です。コンセントで充電します。
日本の免許証があれば運転できます。最高速度は30kmなので安全です。
みんなゆったり移動します。
それでも島内はこじんまりしているため、島を一周しても20分もかかりません。

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

部屋の外観 ハミルトン島
部屋の外観

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

バギー ハミルトン島
バギー

[/wc_column][/wc_row]

 

旅のお供に便利なWi-Fiルーターレンタルはこちらから↓

クオリアの入り口

クオリアは先の引用に書いてある通り、宿泊者しかそのエリアには入れません。
ハミルトン島の最北端に位置しており、敷地の入り口には門があります。
ジュラシックパークを思い出します。

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

ハミルトン島
この札から先は宿泊者専用

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

クラシックパークのような門 ハミルトン島
クラシックパークのような門

[/wc_column][/wc_row]

ハミルトン島 クオリア

入り口の脇にセンサーとインターフォンがついており、センサーにルームキーをかざすと自動で門が開きます。
[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

ハミルトン島 クオリア

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

ハミルトン島 クオリア

[/wc_column][/wc_row]

 

クオリアの部屋

クオリアでは、フロントとレストランの入ったメインロビー、プライベートビーチのレストラン、スパ、ジム、客室が全て独立したパビリオンで構成されています。

部屋のタイプはグレードによって3タイプあるようです。

自分は一番下のグレードのリーワードパビリオンにしました。
それでも自分の財布的には奮発しました。
結論、リーワードパビリオンでも充分すぎるくらい素晴らしかったです。

部屋の様子を紹介します。

部屋の見取り図 ハミルトン島のサイトより転用
部屋の見取り図 ハミルトン島のサイトより転用

リビングは広々していて、ソファの座りごごちも抜群です。

部屋のドア ハミルトン島 クオリア
部屋のドア

 

リビング ハミルトン島 クオリア
リビング

 

冷蔵庫内にはワイン、ビール、ソフトドリンク、ミネラルウォーターが豊富にあり、アルコール以外はインクルーシブなので飲み放題です。
消費した分は毎日補充されます。
オーストラリアは物価が高く、島内では水も500mlで4ドルするので、外で買わずにすむのは助かります。
市日はウェルカムシャンパンが頂けました。
2日目に飲ませていただきました。

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

冷蔵庫の中身 アルコール以外は飲み放題 ハミルトン島 クオリア
冷蔵庫の中身 アルコール以外は飲み放題

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

ウェルカムシャンパン ハミルトン島 クオリア
ウェルカムシャンパン

[/wc_column][/wc_row]

 

 

ベッドの寝心地も抜群です。
天井にはリビング側とベット側にファンがついており、空調も快適でした。

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

ベッド ハミルトン島 クオリア
ベッド

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

ハミルトン島 クオリア
天井にはファンがついています

[/wc_column][/wc_row]

デッキも広々していて、特に虫も気になりませんでした。

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

ハミルトン島 クオリア
リビングから見たデッキ

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

ベッドから見たデッキ ハミルトン島 クオリア
ベッドから見たデッキ

[/wc_column][/wc_row]

デッキから見たオーシャンビュー ハミルトン島 クオリア
デッキから見たオーシャンビュー

 

ベッドの裏側がバスルームになっています。
洗面台は二つあり、お出かけの準備も二人同時にできるので助かります。
(まぁ、自分は特に何もする事ありませんが、、、)

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

バスルーム ハミルトン島 クオリア
バスルーム

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

洗面台 ハミルトン島 クオリア
洗面台

[/wc_column][/wc_row]

 

バスタブも広々していて快適です。
アメニティーについていた、バスタブに入れるティーバックのようなものがとても香りが良く、嫁さんも喜んでいました。
訪問した際には是非使ってみてください。
[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

バスタブ ハミルトン島 クオリア
バスタブ

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

浴室アメニティー ハミルトン島 クオリア
浴室アメニティー

[/wc_column][/wc_row]

 

シャワーの水圧はヴェリーグッドです。
トイレはノーシャワーです。
[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

シャワー ハミルトン島 クオリア
シャワー

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

トイレ ハミルトン島 クオリア
トイレ

[/wc_column][/wc_row]

 

⒊ アクティビティー(初日)

ホテルのチェックインが終了して現在10時半。

到着早々、寝不足もありますが早速行動して行きます。

 

⒊1 島内案内バギーツアー

まず参加したのが現地駐在の日本人ガイドさんによるバギーツアーです。
約1時間で島全体を巡りながら、おすすめのスポットやレストランを教えてくれます。
一人12ドルでした。

感想としては、とても良かったです。短い時間で島の全容が把握できる上に、レストランの情報も豊富で、即役にたつ情報が満載でした。
初日の最初のアクティビティーとしておすすめです。

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

マリーナ 曇ってる ハミルトン島 クオリア
マリーナ 曇ってる

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

高台からの眺め ハミルトン島 クオリア
高台からの眺め

[/wc_column][/wc_row]

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

島内の教会 ハミルトン島 クオリア
島内の教会

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

実際に結婚式にも使われている ハミルトン島 クオリア
実際に結婚式にも使われている

[/wc_column][/wc_row]

 

⒊2 マリーナのBakeryで昼食

バギーツアーが終了し、ちょうど昼飯時なので、マリーナにある有名なパン屋さんで昼食をとりました。

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

マリーナのレストラン、カフェなどの通り ハミルトン島 クオリア
マリーナのレストラン、カフェなどの通り

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

有名なパン屋 ハミルトン島 クオリア
有名なパン屋

[/wc_column][/wc_row]

 

このBAKERYにはミートパイや、ソーセージロール、サンドイッチが豊富にあり、どれも美味しそうです。
ケーキなどのスイーツもあります。
正確な時間は分かりませんが、午後には品切れになるのか閉まってしまいますので、夜は閉店しています。

我々は、名物のミートパイとサーモンサンドを頂きました。

因に、これが島内での初めての買い物でした。
島内はどの店も、基本的にホテル名と部屋番号を伝えれば、ルームチャージにできます。
現金を持ち歩かなくていいので、とても便利です。
使った分を把握していないとあとでびっくりなんて事もありそうですが。

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

ミートパイとサーモンサンド ハミルトン島 
ミートパイとサーモンサンド

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

ミートパイ 中身もたっぷり ハミルトン島
ミートパイ 中身もたっぷり

[/wc_column][/wc_row]
どちらもとても美味しかったです。

 

⒊3 寒い中なんとかホテル内のプールで初泳ぎ

さて、昼食がおわり早速何かしたい気満々なのですが、初日はあいにくの曇りでした。
日が射さないと、9月中は結構涼しいです。この日は時々通り雨も降りました。
グレートバリアリーフのベストシーズンは10月〜12月だそうです。

それでも、1日も無駄にしたくないという貧乏根性でホテル内のプールにいきました。

クオリア内のプールから 曇ってる ハミルトン島 クオリア
クオリア内のプールから 曇ってる

曇りで日差しもなく、通り雨で寒いためもはやタオルをかけてプールサイドにいる状態です。

頑張ってプールでも泳ぎました。
安心の為に先に行っておっ来ますが、その後晴れの日は日差しが強く、とても快適に泳げました。

 

⒊4 絶景スポットで夕日を観賞

夕食をとりに行くついでに、サンセットポイントに寄りました。

午前中のバギーツアーで教えて頂いた絶景ポイントです。
多くの人が、サンセットを楽しんでいました。

ハミルトン島 クオリア

 

⒊5 マリーナのMarina Tavernで夕食

夕食は、これまたバギーツアーで教えて頂いたオーストラリア版居酒屋とされるマリーナタバーンにしました。

地元民もこぞって来店するという、にぎやかなお店です。

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

マリーナタバーン ハミルトン島
マリーナタバーン

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

マーリーナにあるオーストラリア版居酒屋 ハミルトン島 
マーリーナにあるオーストラリア版居酒屋

[/wc_column][/wc_row]
おすすめのチキンなんとかを注文。
その他以下フライを注文しました。
ビールも種類も豊富で、その場で注いでくれます。

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

チキンなんとか ハミルトン島 
チキンなんとか

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

イカフライ ハミルトン島
イカフライ

[/wc_column][/wc_row]

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

白ワイン ハミルトン島 

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

ビール ハミルトン島

[/wc_column][/wc_row]

料理はカジュアルですが、味も良くとても満足でした。

マリーナの夜風が気持ち良いです。
少し肌寒いかもしれないので、9月の訪問時は羽織物があると良いかもしれません。

初日の夕食を終え、大満足でホテルに帰りました。

 

次は2日目の記事です。
お楽しみに。

出発編

ハミルトン島・クオリアとケアンズ・ヒルトンでのハネムーン旅行記。Jet Star航空で出発の巻。

 

 

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.