誰にも教えたくない様な和の名店”かどわき”でいただくお蕎麦・かどわきのフォアグラ蕎麦

誰にも教えたくない様な和の名店”かどわき”でいただくお蕎麦・かどわきのフォアグラ蕎麦

麻布十番に知る人ぞ知る和の名店がある。

独創性に富んだ料理でありながら、客をうならせる確かな味の名店。

そんなかどわきでお蕎麦を頂きました。

 

 

⒈ かどわき・店舗情報

 

場 所:東京都港区麻布十番2-7-2 ビランカ麻布 1F

営業時間:18:00~翌1:00(L.O.24:00)

定休日:日曜・祝日

 

麻布十番駅から徒歩5分。

麻布十番商店街から1本入った通りにひっそりと店は構えられています。

黒塗りの壁、入り口の脇には店名のかかれたランタンが置かれ、静かに客を迎えてくれます。

暖簾をくぐって扉を開ければ、そこにはなんとも言えぬ恍惚な香りが漂っています。

そう、香りの正体はトリュフ。

かどわきの代名詞とも言えるメニューの1つにトリュフ御飯があるからです。

 

コース料理は全品お世辞抜きに美味いです。

もはや言葉での表現を超越した旨さです。

そんなかどわきに、日本一時帰国を労って兄上が連れて行ってくれました。

そこでコースとは別に注文していてくれたのが、かどわきのフォアグラ蕎麦なのです。

 

かどわき
ネットより引用

 

 

・かどわきホームページ

・かどわきタベログ

 

 

⒉ かどわき・実食

 

かどわきのコース料理については、敢えてここでは書きません。

いや、僕にはとても書ききれません。それくらい美味しいということです。

蕎麦については僭越ながら書かせていただきます。

 

コースの終盤に、別途注文しておいていただいた蕎麦が登場します。

蕎麦は更科粉を使用していると思われ、白く神々しく輝いています。

透き通るような白さと、細打ちされたきれいな麺はそれだけで芸術品のようです。

そして、もうひとつ目を惹くポイントは汁です。

こちらのそば汁はフォアグラを使用した汁となっています。

 

蕎麦そのものは御膳蕎麦特有のほんのりした甘さがあります。

その反面、蕎麦の野性味ある香りは抑えられています。

おそらく、汁との相性を考え更科粉で蕎麦を打っていると思われます。

汁につけて啜れば、濃厚なフォアグラの旨味とその後ろにある出汁の旨味、そして、更科蕎麦のほのかな甘味が合わさって口と鼻に広がります。

抜群の相性です。

美味いのです。

美味い以外の何物でもありません。

蕎麦そのものでの勝負というよりは、汁あっての、いや、汁と蕎麦が一体化しての絶品に仕上がっているわけです。

素晴らしいです。

 

かどわき

かどわき

 

 

麻布十番の隠れ家的な和の名店、かどわき。

トップレベルの和食店でいただく蕎麦。

蕎麦の新たな一面を垣間見ました。

食べられて幸せです。

ごちそうさまでした。

 

 

【今日のオランダ語】
書いてもらってもいいですか?
Kunt u dat even opschrijven?
(クントゥ ウ ダットゥ エーヴェン オップシュレイフェン)