歯磨きには20分〜30分かかる!・歯医者に行きたくない人必見・歯磨き法方を再チェック

歯磨きには20分〜30分かかる!・歯医者に行きたくない人必見・歯磨き法方を再チェック

毎日している歯磨き。

磨いているつもりと、ちゃんと磨けているにはギャップがある場合が多々あります。

しっかり磨くにはどのくらいの時間がかかるでしょうか?

 

⒈ 歯磨きにどの位時間を使っていますか?

 

普段、歯磨きにどの位時間を費やしているでしょうか?
3分? 5分? 数十秒!?

2011年に行われた『歯に関する調査』(対象1200人)によると、

1回の歯磨きの時間は1〜3分未満が48%、3〜5分未満が34.2%という結果でした。

実に82.2%の人が1〜5分未満しか歯を磨いていません。

リサーチバンクより引用
リサーチバンクより引用

 

歯科医(口腔外科医)である立場から申し上げると、短過ぎます。

では、実際にはどのくらいの時間を要するのか?

 

⒉ 歯磨きには20分〜30分要する

 

少なくとも20分、余裕があれば30分は必要でしょう。

ここで重要な事は、20〜30分かけて磨けば良いという事ではありません。
しっかりと全ての歯を磨くと20〜30分はかかってしまうという事です。

通常、歯の永久歯の場合は正中から左右に7本づつ生えています。
つまり上顎に14本、下顎に14本、トータルで28本の歯が口腔内にあります。

親知らずが萌出(生えている)人ならその分をプラスします。よって最大32本(過剰歯という物があるとさらに増えますが)です。

単純に歯1本に1分かかるとすれば28分も要します。
歯1本に半分の30秒としても14分かかります。

ここで、歯を1本磨くのに1分もかからないだろう、30秒でも多いと思う人もいるかもしれません。

かかるんです。

歯には、外側と内側と咬む面と3つの面があります。それぞれの面を10秒づつ磨いたらもう30秒です。

しっかり汚れ(歯垢=プラーク)を落とすとなると10秒では充分ではありません。

1面につき20秒要すれば、1本の歯を磨くのに1分、全ての歯を磨くのに28分かかる事になります。

これは決して大げさな時間設定ではありません。
おそらく歯科医師のほとんどがこのくらいの時間をかけていると思います。自分は実際にいつも20分以上時間を要します。

また、歯はそれぞれの面が真っ平らな平面かと言ったら、全くそんな事はありませんね?

湾曲していて、咬む面はデコボコで溝もあります。
歯と歯同士が接している部分はブラシの毛先が届きにくいです。
意識してよほど入念にブラシを当てなければ磨けないのです。

ですから、大切なのは、1本1本磨くつもりで磨くという事です。

多くの人は、一度に2、3本の歯を磨くつもりでブラシを動かします。
これは、歯と歯の接している凹みにブラシがあたらない典型的な磨き方になてしまいます。

勿論、歯ブラシの頭の大きさの方が歯よりも若干大きいため、1本の歯にブラシを当てると、隣の歯にも多少ブラシはあたります。

しかし、このついでにあたっている部分を当てにしては駄目です。

あくまで、1本磨いたら次の1本、という意識で移って行きます。

ブラシの動かし方(ストローク)も重要です。
ブラシはとにかく細かく動かしましょう。
ガシャガシャと大きなストロークで動かしても、歯の凸の部分しか磨けていないからです。

イメージとしては1本の歯に対し凹み、凸、凹みという順に磨いて行く感じです。

 

歯の凸にしかブラシが当たっていない場合
歯の凸にしかブラシが当たっていない場合
歯と歯の間の凹にもブラシが入っている状態
歯と歯の間の凹にもブラシが入っている状態

 

更に、磨く順番もあちこちに飛んでしまうと磨き残しが多くなります。

上顎の外側→内側→下顎の外側→内側 といった感じです。

つまり、右上の奥歯の表側から順に前歯そして左側の奥歯の順に磨き、左上の奥歯に来た所でそのまま裏側を今度は逆に右奥歯まで順に磨くという方法です。
下顎も同様に磨きます。

もちろん最初が下顎でも構いません。

以上の事を気をつけて磨くと、やはり裕に20分〜30分はかかります。

豆知識ですが、利き腕と反対側の歯はついつい磨く時間が短くなりがちなので意識して磨く事をお勧めします。
また、余分な力が歯をすり減らしたり歯茎(歯肉)を傷つけないようにするために、歯ブラシはペンを持つようにお尻の部分を持つと良いです。

 

⒋ 歯磨き粉には過剰に頼らない

 

ここまでで、歯磨きに時間がかかる事と、磨き方は理解できたと思います。

しかし、洗面台の前に黙々と30分もいられない、なんて声も聞こえてきそうです。

別に洗面台で磨かなくても良いのです。
自分はいつも、テレビやPCを見ながら磨いています。本や雑誌でも良いでしょう。

口にたまった唾液や泡はどうするの?という質問も良くありますが、ある程度は口にためておけばよいし、1回か2回洗面台に吐き出しに行けば良いでしょう。
いちいち吐き出さないのも手段です。
全然ありです。

ここで、歯磨き粉を付けているとさすがに泡だらけで口にためておくのがしんどい場合もあるでしょう。

ですから、最初は歯磨き粉を付けずに磨いてみましょう。
なにも付けずに30分磨いた後に、歯磨き粉を付けて1、2分磨けば充分です。

歯磨き粉による泡とミントによるすっきり感で磨けている気がしてしまうのが、落とし穴でもあります。

歯磨き粉は、それぞれに有効な薬効成分が入っているので、有益ではありますが、磨けている気になりやすいという欠点があると自分は考えています。
ですから、私は歯磨き粉は二度磨きの際にしか使いません。

 

⒌ まとめ

丁寧に1本1本の歯を磨いていくと、1回の歯磨きに20〜30分くらいかかります。

仕事の合間や昼休みにそんなに時間は取れない、という場合には夜だけでも意識して磨いてみましょう。

ブラシの動きは細かく。

磨く順番は上顎の外側→内側→下顎の外側→内側 のようにして磨き残しをなくす。

ブラシのお尻の部分を持って余分な力は加えない。

歯磨き粉は二度磨きで使う。

 

以上、参考にしていただければ幸いです。