デジタルとアナログどっちで絵を描くか?デジタルツールで絵を描く利点

デジタルとアナログどっちで絵を描くか?デジタルツールで絵を描く利点

絵、イラストを描くにはアナログとデジタルの2つの方法があります。

今の僕はもっぱらデジタル派です。

デジタルツールで絵を描く利点についてまとめてみました。

 

⒈ デジタルツールで絵を描く利点

 

僕が絵を描く際に使用しているデジタルツールには、

・WACOM intuos (ペンタブレット)
・WACOM cintiq (液晶タブレット)
・iPad Pro
・iPhone
・Clip studio(ペイントソフト)

があります。

 

デジタルツールで絵を描く利点は、

・様々な表現ができる(絵の具、油絵、マジック、ペン、鉛筆、墨)
・絵が劣化しない
・作業を効率化できる
・どこでも描ける(どこでも仕事ができる)
・データ納品が可能

という点が挙げられます。

 

 

・様々な表現ができる(絵の具、油絵、マジック、ペン、鉛筆、墨)

ソフト内には、描画する道具が豊富に揃っています。(ソフトによって内容に違いがあります。)

デジタルツールが一つあれば、鉛筆や、ペン、マジック、筆、エアブラシなどをそれぞれ用意する必要はありません。全てがソフト一つで揃うからです。

下絵は鉛筆で、ペン入れはペン、べた塗りは塗りつぶしツール、影入れはエアブラシといった具合に様々なツールを選択することができます。

表現を簡単に多様化することができます。

 

・絵が劣化しない

アナログの絵の場合、時間の経過とともに劣化する可能性があります。保存方法や環境にもよりますが、色が褪せたり、日焼けしたり、何かしらの変化が出ます。

デジタルツールで描いた絵なら、データとして保存できるので劣化しません。勿論、何かしらの媒体にプリントアウトした物は劣化しますが、劣化しにくい素材を選んで印刷することもできますし、再度データを印刷すれば元のクオリティーを再現できます。

 

・作業を効率化できる

デジタルツールなら、作業効率をあげることができます。

・下書きを消したい場合はそのレイヤーを非表示にすれば消せる
・一定の領域を塗りつぶしたい場合は塗りつぶしツールで一発で塗り潰せる
・戻るボタンで一つ(もしくは複数)前の過程に戻れる
・絵の大きさを変えられる、位置を変えられる



などなど、挙げたらきりが有りませんが、アナログでは不可能、または出来ても時間のかかる作業を容易に行うことができます。
(勿論、それができないからこそのアナログの絵の良さというものも理解できます。)

 

・どこでも描ける(どこでも仕事ができる)

デジタルツールを持っていけば、どこでもいつでも同じ環境で絵を描くことができます。キャンバスや、スケッチブック、鉛筆やペンといった画材道具を持ち運ぶ必要はありません。

ペンタブレットとパソコンがあれば、
液晶タブレットがあれば、
iPadとApple pencileがあれば、
iPhoneとスタイラスペンがあれば、

それぞれの組み合わせどれか一つあれば、場所に関係なく絵を描くことができます。

旅行先でも、海外でも、電車の中でも。

キャンバスの大きさも設定できるので、大きな絵を描く場合でも、実際に大きなキャンバスを持ち運ぶ必要はないのです。

まさに場所を選ばず絵を描くことができます。(電源は必要な場合がありますが。)

 

・データ納品が可能

絵をデータとして保存することができます。言い換えれば、自分の描いたたくさんの作品を、データとして管理し、持ち運び、またクライアントに送信することが可能です。

いつでも、パソコンやiPhone(スマホ)、iPadに自分の絵のデータを入れておけるので、いつでもどこでも誰かに絵を見せることもできます。

また、クライアントに絵を納品するにも、データ納品という方法をとれば郵送の必要はありません。メールで一瞬にして送信することができます。便利です。

 

 

⒉ 絵を描くためのデジタルツール

 

かく言う僕もデジタルツールに出会う前は勿論アナログで絵を描いていました。

幼少期にはデジタルツールが無かった、あるいは知らなかった、あっても金銭的に手に入れるのが難しかったなど理由は様々だと思います。

今はデジタルツールが発達し、価格も自分で購入できるくらいになってきました。

 

僕が8年前くらいに初めて手にしたデジタルツールが、

WACOM intuos4

というペンタブレットです。

今でもメインで使用しています。(現在は後継機も出ています。)

↓参考記事↓

絵の描き方・デジタルツールを使った手描きの方法とは?

 

 

その後、画面に直接描ける液晶タブレットも購入しました。

WACOM Cintiq Companion

です。こちらも今では続々と後継機や新機種が出ています。

↓参考記事↓

絵を描くデバイス・液晶ペンタブレットの利点欠点(Cintiq Companion DTH-W1300)

 

 

その後、iPad ProとApple pencileも購入しました。こちらもコンパクトながらかなりのクオリティーが出せます。

↓参考記事↓

絵を描くのに充分使えるiPadとApple Pencil

 

 

最近、iPhoneに直接手書きでメモを取るために購入したのが

BAMBOO Fineline 3rd

です。

↓参考記事↓

iPhoneやiPadにメモや絵を描く・便利なスタイラスペンBAMBOO Fineline3がお勧め!

 

 

⒊ 何を選ぶかは自分の好み

 

アナログでもデジタルでもそれぞれに利点欠点があります。

どっちの方が良いとか悪いとかはありません。どちらで描いても絵は絵です。

自分のスタイルにより合う方法を選ぶことができればそれが最良の方法です。そのためにも幾つかのツールを試してみることは実に有意義なことです。

思わぬ発見があるかもしれません。

 

 

【今日のオランダ語】
アムステルダムでは中心街までトラムでいけます。
Je kunt in Amsterdam met de tram naar het centrum.
(イェ クントゥ イン アムステルダム メットゥ ドゥ トラム ナール ヘットゥ セントラム)

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.