深夜での蕎麦が頂ける土浦の光寿庵で頂く蕎麦。

深夜での蕎麦が頂ける土浦の光寿庵で頂く蕎麦。

蕎麦屋の営業時間は、たいてい昼の部と夜の部の二部構成が多い。

どちら一方だけの店もある。

いずれにせよ夜の部も20時頃でおしまいとなる。

飲んだ後にラーメンは良く聞くが、締めの蕎麦はなかなかない。

質の良い蕎麦が深夜でも頂ける店は貴重だ。

 

⒈ 店舗情報

光寿庵

場所:茨城県土浦市桜町1-1-15

営業時間:18:00~翌3:00

定休日:火曜日

 

とある路地の一階にある居酒屋です。

そば、海鮮料理が楽しめます。

店の外には『味自慢 そば』ののぼりが掲げられています。
引き戸をカラカラとあけると店内は奇麗にされています。
テーブル席とカウンター席がありました。

カウンター席(テーブル席より撮影)
カウンター席(テーブル席より撮影)

 

⒉ 実食

私はもりそば、嫁殿はざるそば(海苔つき)を注文。

基本居酒屋ですので御通しが出てきました。
蓮根の揚げ物です。
これがびっくりただの天ぷらではなく、磯辺揚げになっており大変美味でした。

蓮根の磯辺揚げ(御通し)
蓮根の磯辺揚げ(御通し)

 

蕎麦が配膳されました。

なかなかの盛りの量です。
ざるは海苔もたっぷりです。

蕎麦だけで頂きます。

これはビックリ。
居酒屋さんの蕎麦と言う事前の期待値を超えてくる蕎麦です。

蕎麦の香りもちゃんとあるし、コシもしっかり、星は細かく散って、冷水での締め具合も良好です。
角はやや丸めですがなかなかの細打ち。(機械打ちなのかな?)

要するに思っていたより旨いじゃないか。

盛りの量が多いので一見べちゃっと見えますが、そんな事もありません。

 

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

手前がもり、奥がざる
手前がもり、奥がざる

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

薬味
薬味

[/wc_column][/wc_row]

 

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

もり
もり

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

ざる
ざる

[/wc_column][/wc_row]

 

IMG_9276

 

大変美味しく完食しました。

最後にそば湯も頂き満足です。

魚の仕込みをしつつこれだけの蕎麦を出せるのは凄いなぁと思い、店主に聞いてみました。

蕎麦は店長が打っているんですか?

すると、

実家が蕎麦屋なんですよ。
虫掛にある“ 寿庵 ”って店です。

との答えが。
なるほど、ご実家の店の蕎麦を息子さんのお店でも振る舞っていたのですね。

いずれにせよ、夜遅くに、しかも午前3時まで蕎麦が食べられる店はそうそうありませんし、土浦ではここくらいじゃないでしょうか。

そういう意味では他店にないウリのある店と言えるでしょう。

 

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.