英語もオランダ語も音を真似るがキーポイント!セキセイインコに学ぶ会話はスペルよりも音の事実!

英語もオランダ語も音を真似るがキーポイント!セキセイインコに学ぶ会話はスペルよりも音の事実!

オランダ語を日々勉強することになった2017年でした。

2018年も引き続きオランダ語の勉強です。

そんな中、音の重要性を日々痛感します。

 

 

⒈ セキセイインコのスズメちゃんは何故喋られるのか?

 

オスのセキセイインコは、自然界の音や人間の言葉を覚えて擬態したり喋ったりすることができます。

メスでも出来る子がいますが、割合的にはオスが圧倒的に多いです。

というのも、オスは繁殖期にメスの気を引くために、呼び鳴きをします。

魅力的な鳴き方である方が有利なので、メスより舌や声帯の筋肉が発達しているのです。

 

喋ると言っても、意味がわかっているわけではありません。

しかし、実に上手に音を真似ることができます。

意味が解っていなくとも、飼い主と同じ言葉を話すと飼い主は喜びます。

飼い主の喜んだ姿を見ると、セキセイインコも喜びます。

そこは理解しているのです。

可愛いですね。

 

この喜びの相乗効果で、セキセイインコはますます言葉を覚えていくのです。

 

 

 

⒉ セキセイインコに学ぶ音の重要性

 

先日、セキセイインコのスズメちゃんが新たなフレーズを覚えました。

お笑い芸人・千鳥さんの「クセがつえーんじゃ!!」です。

 

お聞きください↓

 

 

ここで重要なことは、我々飼い主がスズメちゃんの喋っている音を聞い取れるか否かです。

スズメちゃん自身は、気に入ったフレーズがあると口元に寄ってきて熱心に聞き込みをします。

そのフレーズをゲージに戻った時に一生懸命練習しています。

 

飼い主的には、或る日突然喋れるようになったと感じることが多いですが、

実際には、ちゃんと練習している期間があります。

こちらが、教えた言葉として認識できる音になった時に初めて、

「あ、スズメちゃんが喋った!」

となるわけです。

 

 

⒊ 会話はスペルよりも音

 

第二外国語を学習する際に、実際の会話シーンで最も重要なものは

 

「音」です。

 

これは僕の実感なので、反論もあるかとは思いますが、

スペルよりも音です。

 

スペル(綴り)がどうでも良いということではありません。

すぺるを知っていれば、音(発音)を予測・想像することができるので音も真似しやすい、

という利点はあります。

 

どちらも大事ではあるのですが、

機能した会話を成り立たせるには、どうしても音真似が重要になります。

 

スペルを覚えていなくても、音が完璧に真似できていればネイティブにも通じます。

しかし、その逆は通用しません。

 

そう、いくら単語とスペルを知っていても、

頭の中ではその単語のスペルを思い出せていても、

音が間違っていると相手は「?」となります。

 

英会話や他の言語を学んでいる人、

これから学ぶ人、

会話をするには音が重要!

ということに意識を置くと上達が早くなるはずです。

 

スズメちゃんのひたむきな姿勢に背中を押されながら、

来年も頑張っていこうと思います。

 

セキセイインコ スズメちゃん

セキセイインコ スズメちゃん

 

 

【今日のオランダ語】

約束を延期していただけますか?
Zal je onze afspraak kunnen uitstellen?
(ザル イェ オンゼ アフスプラック クネン アウトゥステレン)